法律家応援ブログBy ハル

様々な法律やうつ病などの心理学の知識や情報などを記事にしていきたいと思います。加えて、囲碁・将棋・チェスなどの趣味についても書いていきたいと思います。

うつ病を少しでも回復させる方法【3選】

うつ病を少しでも回復させる方法は3つです。それは食事、運動、睡眠に気を配ることです。

順に解説していきます。

 

 

1.食事

 

我々の肉体

 

我々の体は人類誕生後あまり進化していません。しかもここ30年の仕事の変化は著しく、生物学的な意味で人間が今の科学技術に適応するのは5万年後とさえ言われています。

 

そのため食事は比較的5万年前のものに近づけると、体が元気を取り戻します。

 

この食事法をパレオ式の食事と言います。詳しくは以下の本が大変参考になるのでリンクを貼っておきます。

 


【新装版】一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書 (SPA!BOOKS)

 

食事法

 

パレオ式食事法の基本的な要素は脂質、糖質、炭水化物をバランスよく摂ることに限ります。

 

大体、脂質:糖質:炭水化物がカロリー面で等しくなれば良いと思います。ですので、脂質はその他より若干、少なめぐらいが良いです。思いの外、日々の食事はジャンキーですから。

 

一応、レシピ本もリンクを貼っておくと以下のものが大変良いです。

 


人生が変わる 神レシピ

 

2.運動

 

2番目は運動です。

 

個人的にはスクワットを一日合計100回やるというものをお勧めしていますが、できない人は一日1回からでも良いと思います。

 

元々、運動をしていた、あるいは体力がある方にはHIITやタバタ式トレーニングをお勧めします。一応、リンクを貼っておきますね。

 


タバタ式トレーニング (SPA!BOOKS)

 

もし、今は体力がないけどいつかはアンチエイジングまで手を広げたいという方には特にお勧めです。

 

3.睡眠

 

睡眠については、まずは自分が朝型なのか夜型なのか、ショートスリーパーかロングスリーパーかを知る必要があります。

 

これには認知行動療法でも使われている行動活性化表を作ることをお勧めします。

 

行動活性化表

 

これは一定間隔おきに(例えば、30分おきに)今何をしているか、その時の気分は何点かをつけていくものです。朝型であれば午前の点数が高くなるはずです。

 

あとはクロノタイプ(体内時計)を知る必要もあります。こちらはメンタリストDaiGoさんがYouTubeで紹介していたのでどうぞ。

 

https://youtu.be/6wlbZ8Q9rGo

 

一応、睡眠に関する本も紹介しておきます。

 


スタンフォード式 最高の睡眠

 

 


賢者の睡眠