公務員試験・資格試験・法科大学院受験応援ブログ

人生において避けては通れない「勉強」。どうせなら、短時間で効率よく学びませんか?このブログでは少しでも昔の自分のような人が、楽をできるように法律の要約レジュメなどを記事にしていきたいと思います。

【公務員試験 憲法】職業選択の自由について~薬局距離制限事件と小売市場距離制限事件

 今回の記事では、職業選択の自由について書いていきます。精神的自由が終わり、経済的自由に入って最初の壁であるとも思います。憲法学習ではここが踏ん張りどころです。

 

 

f:id:snake_nappy:20191226192307p:plain



・内容

 職業選択の自由とは、憲法の22条1項により保障される自由であり、自己の従事する職業を選択する自由のことです。そして選択をするだけでは意味がないので、職業遂行の自由すなわち営業の自由も保障されます。

 

・合憲性判定基準について

 ・消極目的規制の場合→厳格な合理性の基準(同じ目的を達成できる、より緩やかな規制手段がある場合には違憲とする)

 ・積極目的規制の場合→明白性の原則(当該規制手段が著しく不合理であることが明白な場合に限って違憲とする)

 

・判例

-薬局距離制限事件(最大判昭和50・4・30)

〈事案の概要〉
 1963年当時の薬事法では距離制限が設けられていた。この具体的な距離は、都道府県の条例で定められていた。なお、この距離制限の距離は広島県では100メートルだった。株式会社Xは広島市で薬局を開業しようと広島県知事のYに申請をしたが距離制限を理由に断られてしまった。そこで、Xは新しい薬局が開業できないのは、憲法22条が保障する職業選択の自由に反するとして提訴した。

 

〈この判決が何を示したか〉
 消極目的の規制の場合は厳格な合理性の基準を採用する。そして、薬局の距離制限というのは、不良医薬品の供給の防止等を目的としたものであるが、これは国民の生命・健康に対するものであり消極目的の規制といえる。そのため厳格な合理性の基準を用いる。
 その結果、規制の必要性と合理性は認められないし、その目的はより緩やかな規制でも、具体的には行政上の取締でも達成できる。
 したがって、適正配置規制は違憲である。

 

-小売市場距離制限事件(最大判昭和47・11・22)

〈事案の概要〉
 Xは、市場経営等を行う会社Yの代表者であり、Yの事業として大阪で新規の事業を行
うことを考えた。許可が必要であったが、距離制限規制があり、許可が下りそうになかったので、許可を取らずに開業したところ起訴された。

 

〈この判決が何を示したか〉
 積極目的の規制については、明白性の原則を採用する。小売市場の距離制限という規制は、経済的基盤の弱い小売商を過当競争による共倒れから保護するという積極目的の規制である。そこで明白性の原則が採用されるが、規制の手段・態様が著しく不合理であることが明白であるとは認められない。したがって、適正配置規制は合憲である。

 

〈練習問題〉

①職業選択の自由は、各人が自己の選択した職業に就くことを国家により妨げられないことのみを意味し、各人が自己の選択した職業の遂行の自由を国家により妨げられないことを意味するものではない。〇か✖か?

 

②薬局距離制限事件では、薬局開設の適正配置規制は、国民の生命、健康に対する危険を防止するための規制であるが、その目的はより緩やかな規制手段によっても十分に達成できるので、必要かつ合理的な規制とはいえないとした。〇か✖か?

 

③小売市場距離制限事件では、小売市場の許可制は、中小企業保護政策としての措置であるが、その目的において、合理性が認められず、手段、態様において著しく不合理であることが明白であるとした。

 

 

〈練習問題の答え〉

①✖

②〇

③✖