公務員試験・資格試験・法科大学院受験応援ブログ

人生において避けては通れない「勉強」。どうせなら、短時間で効率よく学びませんか?このブログでは少しでも昔の自分のような人が、楽をできるように法律の要約レジュメなどを記事にしていきたいと思います。

【マイナンバー】引越しのときに通知カードの住所を変更しなければならない!?~

 今回の記事は、引越しや結婚の際に一般市民である我々が行わなければならないことについて勉強しましたので書きます。マイナンバーに関してはいろいろと面倒な手続きが存在するのでこの記事を読んでくださったかたはぜひともご注意ください。

 

 今回も一応、関連条文(番号法7条の抜粋)を載せておきます。ご利用ください。(アラビア数字は項を表しています。)

 

 

関連条文

第七条 
4 通知カードの交付を受けている者は、住民基本台帳法第二十二条第一項の規定による届出をする場合には、当該届出と同時に、当該通知カードを市町村長に提出しなければならない。この場合において、市町村長は、総務省令で定めるところにより、当該通知カードに係る記載事項の変更その他の総務省令で定める措置を講じなければならない。
5 前項の場合を除くほか、通知カードの交付を受けている者は、当該通知カードに係る記載事項に変更があったときは、その変更があった日から十四日以内に、その旨をその者が記録されている住民基本台帳を備える市町村の長(以下「住所地市町村長」という。)に届け出るとともに、当該通知カードを提出しなければならない。この場合においては、同項後段の規定を準用する。
6 通知カードの交付を受けている者は、当該通知カードを紛失したときは、直ちに、その旨を住所地市町村長に届け出なければならない。
7 通知カードの交付を受けている者は、第十七条第一項の規定による個人番号カードの交付を受けようとする場合その他政令で定める場合には、政令で定めるところにより、当該通知カードを住所地市町村長に返納しなければならない。

 

f:id:snake_nappy:20190304220957j:plain

引越しのときの手続きとは

 引越しをしても、個人番号(以下、マイナンバー)自体は変わりません。しかし、引越しの際には、「通知カード」の住所を変更しなくてはいけません。具体的には、役所で裏面に新住所の記載を、行ってもらわなければなりません。ちなみに、同一の市町村内での引越しの場合は14日以内に、異なる市町村からの引越しの場合は転入届の際に行います。

結婚しても変更が必要!?

 また、結婚や養子縁組などで名前に変更が行われたときも、14日以内に変更の手続きを取らなければいけません。自分の名前が変わるときは、ただでさえ大変なのに、14日以内に変更手続きをしなければならないなんて、なんと忙しいのか…

失くしたらときは

 この他にも、通知カードを紛失したときには、直ちに、市町村長に届け出なければなりません。通知カードが悪用でもされたら困りますからね。

通知カードの最後

 最後に、今まで通知カードの変更について書いてきましたが、通知カードはそのお役を御免とされるときがあります。それが個人番号カードの交付を受けるときです。個人番号カードを持っていれば、マイナンバーも確認できますし、何かの形で悪いことに使用されないために通知カードは市町村長に返納します。

 

感想

 私が引越しをしたときには色々と手間取りまして、転出届をもらうのが遅くなってしまいました。その際に、役所の方から「転入届の提出に2週間を過ぎると、あなたが面倒な手続きをとらされてしまうので早めに済ませてくださいね」といわれたのは、14日以内という期間制限があったからなのですね。14日以内に転入届を済ませておいてよかったです。