公務員試験・資格試験・法科大学院受験応援ブログ

人生において避けては通れない「勉強」。どうせなら、短時間で効率よく学びませんか?このブログでは少しでも昔の自分のような人が、楽をできるように法律の要約レジュメなどを記事にしていきたいと思います。

TOEICで600点を獲得する方法~点数を300点あげるために私が行った勉強~

 今回は、私がTOEICで600点を超えるまでに実際に行った勉強について書いていきます。というのも最近は、一部の企業や大学などでTOEICの点数がある程度要求されるようになってきています。その中でも、だいたい600点というスコアが求められているようです。そこで初受験時400点を下回っていた私が600点を超えるまでにどんな教材を用いて、いかなる勉強法を行ったかを紹介しようと思います。

 

 

f:id:snake_nappy:20190304212814j:plain

 

私の成績について


 まず、私の成績についての話したいと思います。初めて受けたのはTOEIC Bridgeという試験で点数は112点でした。これがどの程度の点数なのかというとTOEICでいうところの300点ぐらいに相当するそうです。なので実際は300点から600点を超える方法ということになります。

 

 次に、私が使った教材を紹介します。それは①究極のゼミシリーズ②公式問題集③TOEIC TEST特急シリーズの3つです。他にも、様々な教材に手を出したのですが私には合わなかったのか成果が出ませんでした(というか最後までできなかった)。なので今回は割愛します。

 

 さて、上で挙げた教材は①→②→③の順番で使用していました。これらの教材を使っていた時期と点数の関係を恥ずかしながら公開しますと以下のようになります。

 

教材を何も使っていない初期:370点

①教材使用後:470点

②教材使用後:570点

③教材使用後:675点

 

 これが私の点数の推移です。今の自分から見ればとんとん拍子に点数が上がっているようですが、実際に勉強をしているときは大変でした。

 

『TOEICテスト究極のゼミシリーズ』を使った勉強法 

 では、私がTOEIC勉強を始めたばかりのときに使っていた『TOEIC テスト 究極のゼミシリーズ』を用いた勉強方法についてお話していきます。

 まず、私はこの教材で、Part1→2→3→4→7→5の順番で勉強しました。ちなみにPart6は問題数のわりに勉強時間のかかりそうな項目でしたしたので一切やりませんでした。実際に今になってみるとこの予想は正解でした。

 最初に、Part1と2は同じ本でして、まとめて一気に終えました。特別な何かを行うわけではなく、問題集の指示通りにやりました(最後にミニ模試というのがついているのですがこちらはすべてのPartを通してやりませんでした)。ちなみに、この教材には、CDが付いていますので、ウォークマンなどに入れて通勤・通学中に聞くのも良いかもしれません。

 次に、Part3と4も同じ本で学ぶことができましたので、こちらも一気に終えました。ただ、この本は、3周程度回しました。これはPart3と4がその当時は、リスニングパート全体のうち60%を占めているため、かなり重要性が高いと判断したためです。(現在のTOEICは69%でこの重要性はさらに高まっています。)補足ですがPart1・2の本と同じく、この教材にもCDが付いていました。

 そして、Part7は、これだけで一冊なのですが、これが一番復習回数が多かったです。私は、リーディングパートがとても苦手であったので、リーディングパートで最も点数が伸びやすく、かつ一度点数が伸びれば安定するPart7を重点的に勉強したためです。加えて、このパートもリーディングパート全体に半分程度を占めていて、ここの点数アップがTOEIC全体の点数向上に有用だと考えたからでもあります。

 最後がPart5の話です。(実は、Part6とともに一冊の問題集なのですが、私はPart5の部分しかしませんでした。)このパートは、文法や熟語についての知識などを問われるものです。そのため、勉強した分だけ点数が伸びるパートでして、結果論としてはもう少し早めに学んでおけば良かったと思います。ここで文法などの知識を身につけておくことによって、Part7やひいてはリスニングの際にも役に立つからです。

 

ここまでの小括


 今回の記事では、『TOEIC テスト 究極のゼミシリーズ』を私がどんなことを考えながら勉強していたのか、どの部分を重点的に行い、逆にどの部分は飛ばしたのか(つまりやらなくても最終的に600点を超えられる部分)について書いてきました。今後TOEICを勉強される方の参考になれば幸いです

 

TOEICの公式問題集を用いた学習 

  ここからは、私が使用したTOEICの公式問題集の説明とその使用方法について書いていきます。この公式問題集は普通に問題を解いて正解を確認して終了というような勉強の仕方はしていません。私はこの教材をPart1&2、3、4、5、7に5分割して使っていました(Part6はやっていません)。というのも、私は英語が学生時代の一番の苦手科目でありましたので、TOEICの2時間という試験時間に自分の集中力などがついていかなかったためです。

 TOEICの公式問題集はIIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)が出している問題集です。定期的に新しい問題集が出版されるので、前の問題集に飽きてしまった方や、最新のものに触れておきたいときにうれしいです。お値段は3000円程度と少し値段が張りますが、試験2回分(計400問)を収録していること、音声のスクリプト(音声が文章として目に見える形になっている)がついていること、ナレーターが実際の試験のナレーターと同じで声を耳になじませることが可能なこと等のメリットがあるのでTOEICの点数が欲しい方なら買って損はしないと思います。

公式問題集のパート別勉強法

 では、具体的にどのようにやっていったのかということをパート別に説明していきます。

〈Part1&2〉


 Part1&2の部分は、一度問題を解いて答え合わせをした後に、ディクテーション(読まれた英語を聴き取って書き写すこと)を5周程度行いました。このディクテーションとい学習法はとても辛いです。なんといっても、自分がいかに英語を聴き取れていない事実と対峙しなければなりませんから。しかし、ここで踏ん張って正確に聴き取る練習をすることで、次に説明するPart3&4の部分の勉強が楽になります。

〈Part3&4〉

 

 Part3とPart4は別々に勉強をしたのですが、やったことは同じなのでまとめて書きます。こちらも最初は問題を解いて答え合わせをします。そしてここからがほかのパートの勉強法と異なるところなのですが、シャドーイングというものを行います。このシャドーイングというのは、まさに読まれた英語のシャドー(影)となって自らもその音声の通りに読むことです。(YouTubeでシャドーイングと検索するといろいろ出てくると思います。)私は、このシャドーイングを20周程度行いました。最終的にはそらんじることが出来るまで練習しました。とても大変でしたが、これをやってからリスニングパートの得点は350を下回らなくなりました。その理由は、TOEICのPart3&4で出題される会話などのストーリーはだいたい同じものが出ているので、試験のときに多少聴き取れない箇所があっても、そこを補完して、全体的に理解することが出来るようになるからです。ちなみにこのパートでディクテーションを行わなかったのは、単純に文章が長く、時間対効果が悪いと考えたためです。

〈Part5〉

 

 Part5は箸休め的に勉強をしました。知っていたら解けるし、知らなかったら解けないのでクイズ感覚で地道に1日20問を目安にやっていました。つまり3日で試験2回分の勉強です。試験直前は100問ぐらいやったときもありましたが、コツコツと一定のペースを保ちながら学習することが大切なので、無理はしないようにしていました。

〈Part7〉

 

 Part7は問題を解く、答え合わせをするの繰り返しでした。今思うと効率的ではなかったですが、1日3~5問程度をやっていました。最終的には、5周くらいしました。この結果、Part5の影響ももちろんありますが、もともと145点だったリーディングパートは250点程度取れるようになりました。

ここまでの小括

 

 今回は、公式問題集を用いた勉強を私がどのように行ってきたのかについて話してきました。当時は色々調べてから勉強していたので、今見返すとあまり効率的ではない勉強法を効率的なものだと思ってやっていました。とりわけ、Part7があまり冴えたやり方ではなかったなと感じております。
 

『TOEIC TEST 特急シリーズ』の役割

 

 そもそも『TOEIC TEST 特急シリーズ』とはどのようなものかについて話していきます。この本は、非常にコンパクトなサイズのものでお値段も一冊800円前後と比較的手に取りやすいものです。また、筆者たちは、TOEICを毎回受験されていて、かつ満点という信じられない方々なので、質もある程度保証されています。内容は文法や単語、あるいはパート別の対策本となっています。加えて、『1駅1題~』というシリーズは、その名の通り1問を1駅移動する時間で終えることが出来るものでして、通勤・通学の際に便利です。

 

なぜ『TOEIC TEST 特急シリーズ』を選んだのか


 では、なぜ私がこの『TOEIC TEST 特急シリーズ』を選んだかというと、その理由は3つあります。1つ目が、なんと言っても値段です。一冊800円前後なので試しに買ってみたところ自分に合っていたので、別の本も購入しました。2つ目が、パート別になっていることです。前回までの記事でも書かせていただきましたが、私は一つ一つのパートを順番にやっていきたかったのでパート別になっていて、問題数もそこそこなこの本を選択しました。最後が、区切りが細かく設定されていることです。上でも書いてある『1駅1題~』というシリーズをはじめ、どの本も章立てが細かくなっているので、学生時代は休み時間などを利用して勉強していました。

どれだけ点数がアップしたか

 

 いよいよ、私がこの『TOEIC TEST 特急シリーズ』を使ってどれだけ点数が向上したかを述べます。私はこのシリーズのうち、単語特急、文法特急、出る単特急の3つを使っていました。なのでリーディングパートがどれだけ点数が変化したかをいうと、250程度→315点まで向上しました。語彙と文法の理解で70%を記録できたのが大きかったです。

まとめ

 このシリーズについてのまとめとしては、以下のことが言えます。つまるところ、この本はいくつも種類がありますので、適宜自分の必要なものだけを選択してやるのが良いということです。私の場合は、それがリーディングパートでした。なのでリスニングパートが苦手またはもっと点を伸ばしたいという方は、そういったものを選ばれると良いでしょう。